必ず加入しなければならないの?自賠責保険について

自動車保険には2種類あります

自動車保険は、強制保険と任意保険の2種類に分けられます。強制保険は、自賠責保険と呼ばれ、自動車購入と車検の時に加入を義務付けられています。民間の保険会社が運営する任意保険は、様々な補償内容があり、対人・対物賠償保険のほか車両保険や搭乗者傷害保険などに、加入者が自由に選んで加入できるのです。強制保険だけでは補償内容が十分とは言えないため、任意保険に加入するオーナーが少なくありません。重傷や死亡を伴う重大事故を起こすと、個人の資力では弁済できないほどの債務を負うことが多いからです。

強制保険の保険料は、自家用乗用車と軽自動車の違いがあるものの、加入者全員が同額ですが、任意保険の場合は、補償内容だけでなく、加入者の免許証の種類や自動車の走行距離などによって保険料が大幅に異なります。

自賠責保険とはどんなもの?

強制保険とされる自賠責保険は、対人賠償のみをカバーするもので、対物や搭乗者傷害の賠償を含みません。対人賠償の上限額も、死亡・後遺症につき3千万円(常時介護の場合4千万円)、傷害なら120万円と低く、重傷や死亡を伴う重大事故の賠償には足りないでしょう。自賠責保険の保険料は、2年間で自家用乗用車なら25,830円、軽自動車は25,070円と定められています。保険料の支払いを怠ると、車検を通りません。自賠責保険に加入しないまま自動車を運転したら、1年以下の懲役または50万円以下の罰金刑と免許停止という行政処分を受けます。

それでも、自賠責保険に加入しない無保険車が、わすがながら走行している事実は否定できません。こうした無保険車と事故を起こす可能性があるという実態を踏まえ、任意保険に加入する必要性は高いと言えるでしょう。