自分に合った自動車保険は?補償内容で選ぼう

補償の程度やカーライフのあり方を把握する

自動車保険は基本的に相手への補償を目的としています。対人、対物に大別されますが、どちらも自分ではなく相手に対する補償です。そのため、自動車保険を選ぶ際は十分な補償を受けられることがほぼ確定している相手よりも、自分の方がどれだけの補償を受けられるかに注目する必要があります。ドライバーや同乗者が怪我や死亡などの被害を受けた際に十分な補償を受けられることを重視します。また、不要な補償はカットできることも保険選びの鉄則です。余計な出費を避けつつ十分な補償を受けるには、運転者を限定するなどカーライフに合わせた契約プランを選ぶことが大切です。そのためには自分がどのように車を扱っているのかを正しく把握しなければいけません。

オプション契約の充実度も重要な選択肢

自動車保険は交通事故で生じた損害に対する補償以外にも様々な契約プランを選ぶことができます。保険会社の多くは基本的な契約プランに追加するオプション契約の形で提案していますが、内容を吟味したうえで選ぶのが快適なカーライフを楽しむ秘訣です。保険会社が示談交渉できないもらい事故のトラブルをスムーズに解決するにはドライバー本人が弁護士に依頼する必要があります。弁護士特約を追加することで弁護士費用を保証してもらうことが可能です。自動車事故とは無関係な、日常生活における事故で生じた損害を補償する個人賠償特約もオプション契約で利用することが可能です。オプション契約がどれだけ充実しているかも保険選びの重要なポイントになります。