代理店型自動車保険とは?メリットと注意点

複数の損保会社の中から自分に向いているところを選ぶことが可能

代理店型自動車保険は、担当者との相談の時間を確保しなければならなかったり、曜日によっては相談の予約に時間が掛かったりしますが、複数の損保会社の中から自分に向いているところを選べるといったメリットがあります。特に、自動車保険に興味があるものの加入先の選び方が分からなかったり、自分に合うプランが見つからなかったりする場合には、積極的に代理店の担当者に問い合わせをするのがおすすめです。最近では、様々な理由で店舗に足を運べない人のために、パソコンの専用のソフトやアプリを使って相談を受け付けている代理店も少なくありません。そのため、少しでも自動車保険について気になることがあれば、相談対応が良い代理店を探してみましょう。

直接ネット上で契約を結ぶよりも保険料が高くなってしまうことも

代理店型自動車保険は、保険に関する知識や経験が無い人にとって便利ではあるものの、直接損保会社のウェブサイトで契約の申し込みをする場合と比べて保険料が高くなる傾向が見られます。また、代理店の担当者の考え方や経験によって、主に提案される損保会社やプランが異なることもあり、かえって契約先が決まらないといった問題が発生することもあります。そうした中、保険料の安さや補償内容など色々なポイントにこだわって契約を結びたい人は、複数のベテランの担当者が揃っている代理店を探したり、過去の顧客の感想をチェックしたりするのがおすすめです。その他、保険料の負担が軽くなるように、担当者にシミュレーションをお願いするのも良いでしょう。